うみっくす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみっくす

だんなに黙って主腐やってます。笑ったり、凹んだり、叫んだりと日々、満喫中です。

TVCMでおなじみの「レプトン」!どんな英語教室なのか書いてみた!

英語のこと 子どものこと 教育・勉強のこと

f:id:u-mix:20170304221800j:plain

最近、TVで見かける「Lepton(レプトン)」のCMを見て、気になっている方もいるのではないでしょうか?

グローバル化の文字をよく目にするようになった近年。子どもの英語教育が加熱化してていることは肌で感じているけれど、英語を喋れないママたちにとっては、かなり手探り状態の分野ともいえる英語教育。そんなママたちのお役にたてればと思い、今日は、うちの子が通っている「Lepton(レプトン)」のことをちょこっと書いてみたいと思います。

 

 

フランチャイズの英語教室「Lepton(レプトン)」

わたしがLepton(レプトン)の名前を知ったのは、子どもの英語教育についてのTVでの特集でのことでした。確か、小学校の英語授業に導入されている実績があり、「4技法」を教えるこれからの時代に合った英語教育という内容だった記憶がほんのりあります。
うちのような田舎には関係ない話だと思っていたら、そのテレビの特集を見た後、瞬く間に、近所で看板を見かけるようになりました。
そして、2017年の今、全国1,100拠点でフランチャイズ展開する大手の英語教室へと成長をしているとっても勢いのある英語教室なんですね!!

 

Lepton(レプトン)の特長

Lepton(レプトン)が目指すのは、「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技法をバランスよく学習すること。
TOEICTOEFLといった総合的なコミュニケーション能力を測る英語資格試験を目指せるレベルの英語でのコミュニケーション能力を習得することを目標としています。

レッスンの流れ

チューターと呼ばれる日本人の先生が滞在しており、子どもたちは自分のペースでテキストを進めていきます。

 

子どもたちはテキストを見ながらCDを聞き、英語の発音、テキストをちゃんと理解しているかのチェックを、先生にしてもらいます。

テキストは、11シリーズ全81冊。
うちの子は、今、入門コースを終了したところなのですが、入門コースのテキストは、歌やぬり絵、切り絵などあり、英語に初めて触れる子どもが楽しんで取り組める内容となっています。

 

我が子の場合

我が子は、すでに小学4年生・・・親から見たら、ぬり絵とか、切り絵とかって年齢じゃないですよね!?内容も「小学4年生には、これはじっくり丁寧すぎるのではないか?」というほどのスローペースな進み具合なんです。

しかし、Lepton(レプトン)では、自立学習できる力を育てることにも重きを置いているんですね。そういう力を身に着けさせることを考えると、このくらいゆっくり進む内容でなければ、子どもにはストレスがかかるものなのかもしれません。


習得するまで何年かかるの?

参考になるかわかりませんが、うちの子の場合、小学校4年生の春から習い始め、およそ1年かけて、テキストを10冊終わらせています。
10冊でどのくらいのレベルまで到達したの?と聞かれれば・・・

1年間、アルファベットとフォニックスをしていました!!

ええ!!あと!!テキスト、71冊もあるよ?!一体、いつ、最後まで行き着くの!?何年通う気?!と、実はハラハラしています。

もちろん、他塾で習っていた経験があるというお子さんなどは、テキストを熟すスポードも早いです。数ヶ月で中級レベルになる場合もあるようです。

それぞれの英語の習熟度によって、テキストの進み具合も変わってきますので一概に、何年間通えば、英語が習得できるよ!ということはできないようですが、習い始めに先生から言われたのは、フォニックスは時間をかけてじっくりやるべきことなので、長い目で見守ってくださいってことでした・・・

一年間・・・ほんとーに、長かったです・・・

本当に、そんなバランスの良い英語教育が可能なのか?

私の家から通える範囲に、Lepton(レプトン)教室は3つあります。
全て、どこかしらの学習塾の中で英語教室として導入されている形です。
フランチャイズですし、導入しやすいという塾側のメリットも大きいんだと思います。

わたしは、3ヶ所、全て体験させましたが、使っているテキストこそ一緒で、やっている内容も大差ないのですが、やはり、塾によって雰囲気も違いますし、先生の教え方の上手下手って部分もあるし、塾そのものの力の入れ具合も違いました。
これが、フランチャイズゆえのデメリットですよね・・・

娘が通っているところは、正直「書く」量が、むちゃくちゃ少ないと私は思っています。これは、自分自身、小学生時代、英語教室に通っていた経験から思うことなんですけど・・・

正直、この量では、スペルは覚えられないだろうな・・・って思っています。

けど、Lepton(レプトン)以外の英語教室へも体験に行ったんですが、どこの英語教室を選んでも、英語教室については、メリット、デメリットってあるよな!って思いました。
じゃあ、デメリット部分を家で補えるところはどこかな?と考えて、今通っているところを選びました。

3月いっぱいは「春の入会キャンペーン」を行っています。
わたしも、去年、このキャンペーンを利用して子どもを入会させました。
ご興味ある方は、公式ホームページをチェックしてみてくださいね!!

www.lepton.co.jp

 

公式ホームページを覗くと、音が出ます!!びっくりします!!お気をつけくださいね!!笑!!

 

今日も、ここまで読んでくれてありがとうございます!!感謝!感謝です!!