うみっくす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみっくす

だんなに黙って主腐やってます。笑ったり、凹んだり、叫んだりと日々、満喫中です。

変わる「学習指導要領」!!子どもの負担はどのくらい増える?

教育・勉強のこと

f:id:u-mix:20170228233900j:plain

こんばんは!!umiだよ!!
小学生のお子さんがいる親御さんなら、一度は、耳にしている20年度変わると言われる「学習指導要領」!!先日、文科省から公表されたこともあって、すでにニュースでチェックしている方も多いかもしれません!!
うちの子、今だって、学校の授業についていくのに手一杯なのに、これ以上、忙しくなって大丈夫かしら?と心配になっちゃって、調べてみました!!

 

 

基本理念は「生きる力」を育むこと

 ちなみに私の子どもの時代は、いわゆる「詰め込み」時代・・・
ひたすら、暗記、暗記、暗記で、暗記さえしておけば、そこそこの点数を取れていたような記憶がうっすらと残っているんですよね・・・
今、思えば、暗記さえしとけば点数がとれるって、むっちゃ、楽なことですよねー・・・(当時は、ヒーヒー言っていたけど・・・)

そして、わたしが成人した頃に、「ゆとり」教育が導入されたんですよね。

そういう、その時代、その時代での教育の軸になる考えを文科省が発表するんだけど
今回、発表された教育理念は「生きる力を育む」というもの

すごく、曖昧な表現で、「だから、その力はどうやったら伸びるのか、もっと、わかりやすく説明してください」ってなっちゃうわよねー・・・

文科省のHPを覗くと、「生きる力」とは、今後、グローバル化などの影響で、大きく変化していく社会を乗り越えられる力のことのようです。

そのため、確かな学力と、豊かな人間性と、健やかな体。いわゆる、知・徳・体のバランスのとれた人間を育てることを目標にしている学習要項だそうよ!!

各教科等における言語活動の充実,理数教育の充実,伝統や文化に関する理解を深める教育の充実,道徳教育の充実,社会性や人間性を育むための体験活動の充実,外国語教育の充実などを図ることとしています。

文部科学省HP http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1319005.htm

 

具体的にどう変わっていくのか?

国語

学ぶ漢字の量が新たに20字加わったり、筋道を立てて考える力を養う。読む力を伸ばすため、本や新聞を使う活動を導入されます。

算数

中学で習う単元を前倒し、「平均値」などを6年生で習います。

理科

算数同様、中学で習う単元を前倒しし、「音の性質」などを3年生で習います。

社会

伝統・文化・領土について学習を深めます。また、歴史については、近年の研究を反映させた内容になります

プログラミング

これは、すでに導入されている小学校と、そうじゃない小学校に分かれるのかな?算数、理科、総合学習のいずれかの中で、学んでいくみたいです。

英語

3~6年生は各35コマ(年間)増えます。

とにかく時間が足りない!!

今までなかった授業内容が増えるということは、当然、授業時間を増やさないと、教科書を終わらない!!ってことになっちゃう!!でも、今だって、十分、学校で勉強しているのに、どこに増やすところがあるの?!って、思っちゃいますよね!!

文科省としては、夏休みの短縮や、土曜日授業の導入、朝の学習時間の有効活用などを例示していますが、これ以上、増えることで、子どもの負担が大きくならないかと、ちょっと、不安になっちゃいますね・・・

あと、一番、大変なのは、子どもたちを指導する先生たち?

今回発表された「学習指導要領」が、子どもたちの未来にいい結果をもたらしてくれることを、親として、見守るしかありません。

 

www.news24.jp